外国為替相場

円高です。

最近は1US$80円前後で取引されています。

 

確実に円高です。

 

なので、遠い未来に僅かばかりのほくそ笑みを企もうと、ドルを買うことにしました。

 

★joe流 チャレンジ外貨★

まずはじめに、外貨を取り扱っている銀行へ行くか、そのHPに外国為替相場表(SPOT RATE)というものがあります。

まずこれをチェックします。

(ちなみに岡崎市は康生にある三菱東京UFJ銀行がいいかも)

 

相場表に載っているレートを見て、買う・買わない、買うならいくら分買うかを決めます。

 

表はこんな感じ

--------------------------------------

通貨名  T.T.M   T.T.S   ACC.   CASH S.   T.T.B   D/P D/A   CASH B.

--------------------------------------

USD   82.00   83.00  83.12  84.80   81.00    80.58     79.00

 

 

現金で買うときに見る箇所は、赤字の所。

TTMはその日の取引レート。 このレートに銀行の手数料を上乗せして、1US$をCASH S の84.80円で銀行から買うという事になります。

この場合の銀行の手数料は1US$あたり2.8円ですね。

 

水色字の CASH B は、自分が持っているドルを日本円に戻すとき。

今後ここの数字が、買ったときのレートより円安になったら売りです!

(この日なら84.80円より高ければ円安)

例えば、この日に1000ドル(84,800円分)買った場合、何か月か後に円安が進んで1US$=100JPYになった時に売れば、15,200円の利益です。

ちなみにデイトレーダーは大きな金額取引でこれを繰り返して生活しています。

 

興味があれば少額くらいでやってみたら、色々知識になるし為になるかも♪

買った時よりも円高が進んで損する場合もありますのでご注意を。

まぁ、US$なら売らずにそのまま持っていても海外旅行で使えますしね。

 

ちなみにMySweetHome、豪ドル(AU$)は86.67円。(5/26)

でもUFJは豪ドルの場合1ドルあたり10円も手数料を取るんです。

いくら国が不安定で変動が激しい通貨でも・・・・ちょっと取り過ぎかも?

 

 

 

 

 

 

概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ


Copyright©JoshiRock PJT Co.,Ltd All Rights reserved.